にきび予防に有効な洗顔の方法

にきび予防に有効な洗顔の方法

2014.07.09

にきび予防に有効な洗顔の方法 はコメントを受け付けていません。

にきび予防の基礎となるスキンケアが、洗顔です。できたにきびを早く治療するためにも、にきびができないように予防するためにも不可欠なのが洗顔です。

クレンジングを過度にしたり、力を入れて皮膚を摩擦したりすることによって、肌にますます悪影響な場合もあるようです。洗顔の正確な方法を認識することが、大事なにきび予防の基本です。

洗顔時に大事なことは、汚れや余計な油分は除去しつつ、皮膚に刺激を与えすぎず、皮膚に必要な水分まで取ってしまわないことです。まずぬるま湯で顔を下洗いします。お湯が熱すぎると皮膚の水分が失われてしまいますので、30~34度のお湯を使うようにしましょう。汚れの70%は、さっとぬるま湯で顔を洗うだけで除去することが可能です。

手のひらでまずはよく泡立ててから洗顔料を使いましょう。きちんと泡立ててゴムまりのような泡を作り、泡だけが顔にさわるような感じで泡を広げます。わずかな泡しか手では作れない場合に良いのが市販されている泡立てネットです。洗顔を泡でしたら、きちんとぬるま湯ですすいでしまいましょう。

洗顔終了後は、吸いとりのいいタオルを顔に押し当てるようにして顔の水分をぬぐいます。にきびのない肌を目指して、毎日の洗顔をしっかり行う習慣をつけましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー